« 10月12日は店休日です | トップページ | 菊の節句 »

2010年10月13日 (水)

大島日帰りの旅

昨日、思い立って、伊豆大島に日帰りぶらり旅をしてきました。

朝8時半に東京湾を出航、高速ジェット船で2時間、10時半には到着です。早い!

港からバスで「三原山頂口」までおよそ25分。そこからテクテク山頂まで約40分のハイキング。天気は低い雲が島を覆っていて、山頂付近は霧に包まれ、霧雨が降っていますが、ときおり晴れ間をのぞかせています。

101012_125301

溶岩の上に草が茂る平原をしばらく歩いていると、大地のパワーを感じます。

101012_113701

平原を突っ切ると、今度は急な上り坂。いよいよ山頂の噴火口に向かって行きます。ちょっと疲れますが、一気に登り切ると、三原神社が出迎えます。数回にわたる噴火の際にも、なぜかここは溶岩に飲み込まれなかった、という、とても不思議な地点です。まずはお参り。

続いて、噴火口へ。

101012_115201

噴火口を眼下に立っていると、まさに、みなぎる大地パワーを全身に感じました。しばらく、そこにいたかったのですが、なんせ日帰りの旅、時間がないので下山することに。

下山コースも、本当は登りの道と違う「裏砂漠」ルートを降りたかったのですが、こちらも時間的に不安だったので、来た時と同じハイキング遊歩道コースを歩きました。(裏砂漠ルートは、国土地理院の地図に、唯一「砂漠」と表記されている土地で、まるで月面のような大地だそうです)

こちらが、その入口。

101012_120201

遊歩道コースを歩き終えると、バスの時間まで30分ほど間がありました。「これだったら、裏砂漠ルートを歩けたかなあ」と思いつつ、時間調整に、コーヒーを一杯、山頂の茶屋でいただきました。

茶屋では、ご主人がビールを飲みながら、すでにご機嫌(^^)。

ご主人は、私と同年代の陽気なかたで、私はホットコーヒーを頼み、飲みながらしばらくご主人と歓談。

三原山の歴史とお店の思い出、家族の話、経済の話などなど・・・おまけに、キーホルダーのプレゼントまでいただきました。ありがとうございました。今度三原山に行く機会があったら、また寄りますね!

さてバスで港まで戻り、港近くの「元町浜の湯」へ。

Img_hamanoyu01

目の前に海が広がる、とても気持ちのいい露天風呂です。混浴のため、水着着用となっています。

ここでは、私より少し年配の、島の男性が、先に入っていらっしゃって、私が入っていくと、声をかけられました。話は、経済の話、年金の話、島の話、将棋の話などなど・・・30分くらい話し込んでいるうちに、おやおや、もう船の時間・・・ということで、お先にあがらせていただきました。

帰りは14時20分発の高速ジェット船。午後5時前には、もう東京湾についてました。大島って近いですね。

在島時間はたったの4時間でしたが、とても充実したひとときでした。できれば、今度は一泊位して、のんびり島を巡り、美味しいものを食べて温泉につかってみたいです。

« 10月12日は店休日です | トップページ | 菊の節句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/37214742

この記事へのトラックバック一覧です: 大島日帰りの旅:

« 10月12日は店休日です | トップページ | 菊の節句 »