« 10月14日(金)~22日(土)は、休まず通常営業します | トップページ | お得にゆったりストーンセラピーフェア »

2011年10月14日 (金)

宮崎チョイ旅

半日だけ、宮崎を旅してきました。友人が案内してくれました。

11日午後1時過ぎに宮崎空港に到着。そのまま青島へ。

宮崎観光(南部・日南海岸)の起点とも言えるところで、波状岩に囲まれた、周囲1.5kmの小さな緑の島です。5000本を超えるビロウ樹や亜熱帯植物が密生する不思議な島は、「海幸彦 山幸彦」の神話の舞台となっています。

「鬼の洗濯岩」は、水成岩(砂岩と泥岩の塁層)が隆起し、長い間の波蝕によりできた奇岩(波状岩)で、新第三紀(2400万年から200万年前まで)海床に堆積した砂岩と泥岩の規則的互層が傾き(走向北30度東、傾斜20度東)海上に露出して、波浪の浸蝕を受け、堅さの違いにより凸凹を生じたものらしいです。上を歩いていたら、滑りそうになったので、恐る恐る戻りました。

続いて、青島神社を参拝。境内の奥に続くジャングルの小道を歩いていくと、風がとても健やかです。奥に元宮とよばれる神殿(祠)がありました。ここでお参り。その裏に、願い事を小声で唱えながらかわらけを投げ、それが割れると願いがかなう、という場所があり、やってみたら、見事粉々に割れました。付近からは、弥生式土器、獣骨等が出土しているそうで、古い時代から小祠があり、祭祀が行われていたらしいです。

青島神社ホームページ

続いて、宮崎県綾町にある照葉大吊橋(てるはおおつりはし)に連れて行ってもらいました。ここは今月5日、橋の架け替え工事が完成し、新装開通したばかりとのこと。

昨年、支柱の強度不足の可能性を指摘されたため、約3億円かけて架け替え工事をしたのだそうです。 国内屈指の高さ(142メートル)、全長(250メートル)、床板の幅(1.2メートル)は変わらないものの、真下の景色がのぞける網目状の床板を採用したのだそうで、これは怖かったです。

橋からは、国内最大級の照葉樹林が一望できますが、正直、怖くて周りを観ることはできませんでした。まあ、チラ見程度で・・・。橋を渡り終えて、遊歩道を下り、小さな橋を渡ってまたスタート地点に戻ってきました。

http://miyazaki.daa.jp/aya/

いったんホテルにより一っ風呂浴びて、さらに友人二人が加わって居酒屋で飲み会。飲み放題喰い放題3000円は安いですが、ちょっと頼み過ぎだよ。。お腹苦しかったです。

合流した二人と別れて、とても懐かしい風情のあるトリスパー赤煉瓦へ。おいしいショットを楽しめるバーで、しかも庶民的。「寿屋」(サントリーの前身)のボトルや、トリスおじさん(?)のつまようじ入れなどなど、今では珍しいものもたくさんあって、楽しかったです。

このあと、友人と別れた私は、宮崎の風に吹かれて、宮崎の夜をさまよいましたとさ(笑)。

http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0985260355/index.html

ありがとう、友人諸君。ありがとう、宮崎。

また行きたいです。

・・・・・・・・・・・・

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話はこちら 03-6320-8290

« 10月14日(金)~22日(土)は、休まず通常営業します | トップページ | お得にゆったりストーンセラピーフェア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/42509023

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎チョイ旅:

« 10月14日(金)~22日(土)は、休まず通常営業します | トップページ | お得にゆったりストーンセラピーフェア »