« 啓蟄(けいちつ) | トップページ | 模倣の殺意(本) »

2013年3月 6日 (水)

クラブ湯

過日、ちょっと近くのわき道探検をしてみようと歩いていたら、中野坂上にも、結構いろんなお店があったりして、ここもあそこも覗いてみたいなあ~、なんて感じです。

そんな中、高層ビルの裏手に、ひっそりと、でも堂々と、銭湯があるのを発見しました。

http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=14032

こんなところに銭湯が!?

その日以来、日に日に関心が高まって、ついに数日前、「たまにはのびのびと足を延ばして風呂に入ろう」と、「クラブ湯」に伺ってきました。

それにしても、名前が変わっています。「クラブ湯」なんです。だいたい、銭湯って言うのは、「松の湯」とか、「亀の湯」とか、「大黒湯」とか、そんな日本的な屋号が多いものですが・・・。

(ちなみに「銭湯屋号いろいろ」→http://www5e.biglobe.ne.jp/~wadyfarm/yagou.html)

クラブ湯です。カタカナです、しかも「クラブ」です!!

まあ、それはともかく、番台(と言っても別に高くはなく、カウンターみたいな感じ)で、450円を支払って脱衣場へ。先客は3~4人。服を脱いで浴室に入ると、洗い場がたくさんありました。体を洗って湯船へ。浴槽は三つに分かれていて、「あつい湯」と「ぬるい湯」と書かれた浴槽の間に、ジェットバスなどが配備された浴槽があって、これが中間の熱さと言うことなんでしょう。

まずは「ぬるい湯」へ。底からポコポコと泡が上がってきて、これに包まれながら浸かっていると、体が緩みます。

しばらくのほほんと「ぬるい湯」を体験した後、こんどは中央の浴槽へ。んんっ! 確かに熱めです。私はいつもぬるい湯に慣れているので、少しガマンして首までつかると、肌のアツアツ感がチカチカと肌を指して、それが心地いい。たまにはこんな熱めのお湯もいいかも。それに、肩にあたるジェットバスが気持ちいいです。

そして、「あつい湯」の浴槽は・・・ちょっとひるんで、ヤメテオキマシタ。

その代わりに、もう一度「ぬるい湯」でのほほん。

ペンキ絵の富士山がいいですねぇ・・・。

たまには銭湯もいいものです。と言いますか、中野坂上の高層ビルの裏道に、がんばって営業なさっているのが嬉しいです。

感謝。

また休みの日とかに行こうと思います。

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話はこちら 03-6320-8290

« 啓蟄(けいちつ) | トップページ | 模倣の殺意(本) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/49752372

この記事へのトラックバック一覧です: クラブ湯:

« 啓蟄(けいちつ) | トップページ | 模倣の殺意(本) »