« 「風立ちぬ」(映画) | トップページ | 8月8日(木)はお休みします »

2013年8月 7日 (水)

立秋/文月

昨日8月6日で、今年の「夏の土用」は開けましたから、今日2013年8月7日は「立秋」。

暦の上では、今日からもう秋なんですね。

ですから今日から「暑中お見舞い」ではなく「残暑お見舞い」になります。

ちなみに、昨日の「夏の土用の開け」の日は、68年前に、広島に原爆が投下された日でもあります。改めて、亡くなったみなさまのご冥福をお祈りするとともに、原爆によってさまざまな苦労をなさったみなさまに、心からお見舞い申し上げます。

そして、核兵器のない社会、人が、人として、人らしく、生きていけることのできる社会の実現を願います。

さて立秋(りっしゅう)とは、二十四節気の第13で、太陽黄経が135度のとき(定気法)。

初めて秋の気配が現れてくる頃とされ、『暦便覧』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明しています。

夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬の前日までが秋。暦の上ではこの日が暑さの頂点となります。

なお、立秋を過ぎても梅雨が明けない場合は「梅雨明け」の発表はされなくなり、東北地方などで、まれに「梅雨明けなし」とされる年があるのはこのためです。

そして、立秋の今日から、旧暦も改まって文月(7月)になりました。文月については、Wikipediaによると、次のように解説されています。以下、概略を引用。

日本では、旧暦7月を文月(ふみづき、ふづき)と呼んだ。文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もある。

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://iyashibito.p-kit.com/

電話はこちら 03-6320-8290

« 「風立ちぬ」(映画) | トップページ | 8月8日(木)はお休みします »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/52780946

この記事へのトラックバック一覧です: 立秋/文月:

« 「風立ちぬ」(映画) | トップページ | 8月8日(木)はお休みします »