« 仲秋の名月 | トップページ | 玄鳥去 »

2013年9月20日 (金)

彼岸入

今日2013年9月20日は、彼岸入り。

「彼岸」は、サンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれています。

波羅密多を "pāram"(彼岸に)+ "ita"(到った)という過去分詞の女性形と読み、此岸(迷い)から彼岸(悟り/覚り)に到る行と解するわけですね。

煩悩と迷いの世界である「此岸(しがん)」にいる私たちが、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」である「彼岸(ひがん)」の境地へ到達することが出来るという教えです。

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられ、お墓参りなどの風習が生まれたといいます。

ちなみに「彼岸」の期間は次のとおり。

春彼岸 : 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間
秋彼岸 : 毎年9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間

というわけで、2013年9月の彼岸は、9月20日(金)~9月26日(木)まで。

今日9月20日が、彼岸入りなのです。

ちなみに、少し過ぎてしまいましたが、

2013年9月7日(白露)~9月11日(二百二十日)は、七十二候の第43、

草露白(くさのつゆしろし)

「草に降りた露が白く光る」といったような意味。

草露白は江戸時代に日本で作られた「略本暦」での呼び名。元となった中国の宣明暦では「鴻雁来」と呼び、「雁が飛来し始める」といった意味でした。

遅れついでにもう一つ。

2013年9月12日(木)~9月17日(火)は、七十二候の第44、

鶺鴒鳴(せきれいなく)

読んで字のごとく、「鶺鴒(せきれい)が鳴き始める」といった意味。

鶺鴒鳴も上記同様「略本暦」の呼び名で、元となった中国の宣明暦では「玄鳥帰」と呼ばれ、「燕が南へ帰って行く」といったような意味でした。この「玄鳥帰」は、略本暦では、次の七十二候の第45にあてられています。

・・・・・・・・・・・

今月は、残る期間、休まず営業します。

どうぞみなさまのご来店をお待ちしています。

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://iyashibito.p-kit.com/

電話はこちら 03-6320-8290

« 仲秋の名月 | トップページ | 玄鳥去 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/53305451

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸入:

« 仲秋の名月 | トップページ | 玄鳥去 »