« 相国最中 その2 (栗餡) | トップページ | 楓蔦黄(もみじつたきばむ)と神無月(かんなづき) »

2013年11月 4日 (月)

紅葉の伊香保温泉と榛名山・榛名湖周遊

先日、お休みをいただいて、伊香保温泉と榛名湖周辺に行って来ました。

目的は紅葉狩り。

正午新宿南口発のJR関東バス・上州ゆめぐり号に乗車。「新宿南口発」と言いながら、実際には代々木駅東口近くがバスターミナルでした。ちょうど今、新宿南口の工事をしているためなのでしょうか。

2時間40分ほどで「伊香保石段街」バス停に到着。

バス停から石段を見上げると、さっそく紅葉が目に入りました。

131101_091801

宿は石段街の中ほどにある「石坂旅館」。

ここを選んだ理由は、安かったことと、チェーン店ではなく単独の旅館のようだったから。

実際、アットホームなサービスは気持ちよかったです。

さて、一息ついて手荷物を部屋に置いたら、さっそく散策。

石段を登りきると、そこは伊香保神社の鳥居です。

131031_152802

さらに奥に進みます。お目当ての紅葉の名所、河鹿橋。

131031_160801

ちょっと紅葉の盛りには早かったようですが、緑と黄色と赤の木々の競演は満足でした。

河鹿橋を鑑賞した後は、その少し上の露天風呂に浸かります。湯船に浸かって空を見上げると、湯船の真上の青空を、まだ緑色の葉が覆っていて、さらに四方から山々の紅葉が迫ります。お湯もいいし、極楽気分。ぬるめの湯と、熱めの湯に区切られていましたが、熱めの湯のほうもそれほど熱くはなく、のんびりできました。

散策も済んで宿に戻ると、今度は宿の風呂に浸かります。石坂旅館には露天はありませんが、内風呂が100%掛け流しの源泉のお湯。とてもいい気分です。

夕飯は、今回は旅館食ではなく、居酒屋か何かで・・・と思って石段街をさまよいましたが、どうやら平日の夜は、あまり開けている飲食店はないようで、なぜか台湾料理のお店「香」に入りました。地元のお客さんで賑わっていて、それはそれで楽しい経験でした。

ちなみに下の写真は、泊った部屋から眺めた景色。目の前に見える山々の名前は聞き忘れました。

131101_080601

ついでに部屋の窓からの景色をもう一枚。別の旅館の裏側が見えているのですが、なんだか宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」で、千尋が大冒険をする湯屋の裏側の光景を思い出しました。

131101_080001

翌日は榛名山へ。バスで30分弱の近さです。ロープウェーに乗って山頂に登ると、遠くにうっすらと富士山が見えました。空気もうまいし、景色も最高。幸せです。

榛名山を降りて、榛名湖畔をまたまた散策。ここも紅葉が綺麗でした。

131101_105301

帰りは高崎駅までバスで移動して、JRの電車に乗ってトコトコ帰ってきました。

楽しい二日間でした。

みなさまには、お休みをいただき、ご不便をお掛けしました。

今後とも、「癒し人」を、どうぞよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://iyashibito.p-kit.com/

電話はこちら 03-6320-8290

« 相国最中 その2 (栗餡) | トップページ | 楓蔦黄(もみじつたきばむ)と神無月(かんなづき) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/53814394

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の伊香保温泉と榛名山・榛名湖周遊:

« 相国最中 その2 (栗餡) | トップページ | 楓蔦黄(もみじつたきばむ)と神無月(かんなづき) »