« 小寒 | トップページ | 芹乃栄(せりさかう) »

2014年1月 7日 (火)

はるのななくさ

今日1月7日は、人日の節句。とはいえ、本来の人日の節句(旧暦1月7日)は、今年2014年の場合、2月6日ですが。

まあ、それはともかく、人日の節句の朝には、七草(ななくさ)粥を食べる風習があります。

元々「ななくさ」は、秋の七草を「七草」と書き、春の七草は「七種」と書いて「ななくさ」と読み小正月の1月15日に「七種粥」を食べていました。それが、正月のななくさを七草と書くようになり、さらに人日の節句と重なって7日の風習となり、しかも新暦に変わって・・・と、もう何が何やらわからなくなってしまった感もありますが、「七草粥」には、お正月で疲れた胃を癒してくれる効果はありそうです。

ちなみに春の七草は、

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ

と調べをつけて、子どもの頃に覚えた記憶があります。

上にも書きましたが、もともと旧暦1月15日(今年の場合2月14日にあたります)に行なわれていた風習なので、七草それぞれの食べごろの時期は、もう少しあとの時期だったりもするのですが、今は温室栽培などで、1月7日にあわせて栽培されたものが、スーパーなどで売られています。なんとも不可思議な世の中です。

春の七草を、よく知られている名称で、もう一度紹介しておきます(Wikipediaによる)。

せり セリ

なずな  ナズナ(ぺんぺん草)

ごぎょう  ハハコグサ(母子草)

はこべら  ハコベ(蘩蔞)

ほとけのざ  コオニタビラコ(小鬼田平子)

すずな  カブ(蕪)

すずしろ  ダイコン(大根)

七くさや袴の紐の片むすび(蕪村)

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://iyashibito.p-kit.com/

電話はこちら 03-6320-8290

« 小寒 | トップページ | 芹乃栄(せりさかう) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/54524590

この記事へのトラックバック一覧です: はるのななくさ:

« 小寒 | トップページ | 芹乃栄(せりさかう) »