« 水泉動(しみずあたたかをふくむ/すいせんうごく) | トップページ | 成人の日 »

2014年1月11日 (土)

鏡開き

今日1月11日は鏡開き。

日にちは11日のほかに、地域や各家庭によって4日、7日、15日、20日などがあり、これらにはそれぞれそうなった理由があるのですが、それはまた別の話ってことで、本日、当店の正月飾りも片付けました。

鏡開きは、武家の習わしが広まったもの、という説があります。

武家では、鎧(よろい)などの「具足」に供えた「具足餅」を下げて雑煮にして食べ、これを「刃柄(はつか)」を祝うと言いました。また武家の女性が鏡台に供えた「鏡餅」を開く事を「初顔」を祝うと言いました。1月20日を中心に武家社会で行なわれていたこれらの風習が一般化したものが、現在の「鏡開き」なんだそうです。

また「鏡開き」の『開き』とは、もともと「切る」とか「割る」とか言った意味です。しかし刃物で切るのは切腹を連想させること、「切る」や「割る」という言葉は縁起がよくないとして避けられたことから、「開く」という言葉が使われるようになりました。実際、鏡餅は包丁で切ったりせず、手や木鎚で割るのがよいとされています。鏡は円満を、開くは末広がりを意味すると言われます。

また、鏡餅を食べることを「歯固め」と言います。これは、硬いものを食べて歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためと言われます。

ところで、鏡餅は焼いて食べてはいけない、ということを最近ちょくちょく耳にします。なんでも、焼いて食べるとその年に火事になるんだ、という話で、もっともらしく、いろんな方が仰ってました。

でも私の記憶では、子どもの頃、小正月(1月15日)に、各家庭から持ち寄った松飾り、しめ縄、書き初めなどをひとところに積み上げて燃やす行事があって、その残り火で焼いた鏡餅を食べれば、その年は健康で過ごせると教えられたものです。

どうやらこれは「どんど焼き」と言われる行事のことですね。子どもの頃、そんな名称までは知りませんでしたけど。

まあ、そういう訳ですから、鏡餅を焼いて食べてはいけない、なんて風習は、少なくとも私の子ども時代にはなかった気がします。

それでネットを泳いでいたら、下記の宮司さんのブログを見つけました。

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/blog-entry-1591.html

いわく、

「鏡餅を焼いて食べると火事になると聞いたのですが…」
と言っておられましたが、
変な事はあまり言いふらさないでくださいね(汗。
(中略)
(どんど焼き)の語源のひとつとして
「鏡餅を焼いて食べる行事…『とんど』に由来する」
と言うのがありますので
けして「火事になるから焼いて食べては駄目」なんていう
言い伝えなどありません!

安心しました。小正月にはちょっと早いですが、今夜は鏡餅を焼いて、ぜんざいにして頂こうと思います。

ところで今日から三連休。13日(月)は成人の日で、各地で成人式などの式典が開催されます。東京の成人式は、雪が降ることが結構多いのですが、今年はいかがでしょう?

気温は下がりそうですが、せめていい天気だといいですね。

「癒し人」は連休中も通常通り営業します。どうぞご利用くださいませ。

※予約状況については、下記ページをご参照ください。
http://www.r326.com/b/main.aspx?g=K7ic9ZH46bkk4HGW1

(予約状況は、ご予約変更等によって、変わることがあります)
(なるべく迅速な更新に心がけていますが、最新の状況が反映されていない場合がありますのて゜、あらかじめご了承ください)

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://iyashibito.p-kit.com/

電話はこちら 03-6320-8290

« 水泉動(しみずあたたかをふくむ/すいせんうごく) | トップページ | 成人の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/54568762

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡開き:

« 水泉動(しみずあたたかをふくむ/すいせんうごく) | トップページ | 成人の日 »