« 重陽の節句 | トップページ | 水始涸(みずはじめてかるる) »

2014年10月 2日 (木)

辞書になった男 ケンボ―先生と山田先生(本)

 「辞書になった男 ケンボ―先生と山田先生」(文藝春秋刊、1,800円+税)を読みました。

 戦後の国語辞典をめぐる二人の辞書編纂者の秘話をたどるノンフィクションです。辞書を巡って、こんな人間味あふれる歴史があったなんて・・・すごくおもしろかったです。

 二人の辞書編纂者とは・・・。

 『三省堂国語辞典』を編纂したケンボ―先生(見坊豪紀=けんぼうひでとし)と『新明解国語辞典』を編纂した山田先生(山田忠雄)。この二冊の国語辞典は、どちらも三省堂から発売され、大ベストセラーとなった中型国語辞典です。

 『新明解国語辞典』は、「新解さん」の愛称で有名ですね。

 2013年にNHKBSで放映され、ATP賞最優秀賞(情報・バラエティ部門)を受賞した『ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男』の書籍版。

 私の部屋にある一般の国語辞典は

☆「新選国語辞典(新版)」(小学館1973、金田一京助・佐伯梅友・大石初太郎編)

☆「新明解国語辞典(第二版)」(三省堂1974、金田一京助・金田一春彦・見坊豪紀・柴田武・山田忠雄編)

☆「広辞苑(第二版補訂版)」(岩波書店1976、新村出編)

☆「新明解国語辞典(第三版)」(三省堂1981、山田忠雄〈主幹〉・金田一京助・金田一春彦・見坊豪紀・柴田武編)

 の四冊(発行年次順)ですが、どれもかなり古いですね。『三省堂国語辞典』と『新明解国語辞典』の最新版を買って“読んで”みようかと思いました。

[2014年10月・今後の店休日等のご案内]
店休日=10月9日(木)・10日(金)・21日(火)・31日(金)
※10月16日(木)は、午後5時閉店の短縮営業です。

なお、予約状況によっては、すでにご予約の空き時間が限られている日もございます。
当店の予約状況については、下記ページをご参照ください。
http://www.r326.com/b/main.aspx?g=K7ic9ZH46bkk4HGW1
(予約状況は、ご予約変更等によって、変わることがあります)
(なるべく迅速な更新に心がけていますが、最新の状況が反映されていない場合がありますのて゜、あらかじめご了承ください)

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話 03-6320-8290

« 重陽の節句 | トップページ | 水始涸(みずはじめてかるる) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/57503734

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書になった男 ケンボ―先生と山田先生(本):

« 重陽の節句 | トップページ | 水始涸(みずはじめてかるる) »