« 2014年10月下旬~11月の営業のご案内 | トップページ | 霜降(そうこう) »

2014年10月22日 (水)

「聖者たちの食卓」(映画)

映画「聖者たちの食卓」(フィリップ・ウィチュス&ヴァレリー・ベルト監督、2011年/ベルギー/65分)を観ました。

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/seijya/

 インドのシク教総本山であるハリマンディル・サーヒブ“黄金寺院”では、毎日10万食の食事が、巡礼者や旅行者のために、すべて無料で提供されています。

 宗教も人種も階級も職業も関係なく、誰もが招き入れられ、みんなで一緒に食卓を囲みお腹を満たす「聖なる食卓」。

 これは、その“黄金寺院”の“食卓”をたんたんと映し出すドキュメンタリー。

 提供される一日10万食分の食材の収穫、運搬、調理、配膳、食事、後片付け……。

 それらが、実に整然と、しっかりと、無駄なく行なわれて行きます。でも決して、最新調理器具やシステムキッチンを使う管理作業であったり、徹底した衛生管理が行なわれていたり、と言ったものとは無縁です。

 たった今「実に整然と、しっかりと、無駄なく行なわれて行く」と書きましたが、実はそれは、どこか整然さに欠け、どこか牧歌的で、どこかに無駄が存在しているのです。

 食卓を準備する人たちの真剣なまなざし、あるいは楽しそうな会話、そして笑顔。でも、そうした一見“無駄”に見える事柄が、実は無駄でもなんでもなく、“聖なる食卓”のために不可欠な、大事な要素、あるいは儀式なんじゃないか。神々しささえ感じるその所作に、そんなことを感じました。

 ああ、「食べる」って、こういうことだったのか。

 そんなことを、思い起こさせてくれる映画です。

 渋谷アップリンク、新宿K's cinemaほか、随時、全国公開中。

http://www.uplink.co.jp/seijya/

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話 03-6320-8290

« 2014年10月下旬~11月の営業のご案内 | トップページ | 霜降(そうこう) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/57754294

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖者たちの食卓」(映画):

« 2014年10月下旬~11月の営業のご案内 | トップページ | 霜降(そうこう) »