« 立冬 | トップページ | 子どもたちを追うノンフィクション2冊 »

2014年11月11日 (火)

山茶始開/隣室工事による騒音へのご理解のお願い

いつも「癒し人」をご愛顧たまわり、誠にありがとうございます。

11月8日~10日は、連休をいただき、たいへんご不便をお掛け致しました。

ちょっとばかり、国内の旅をして、心のリフレッシュをして参りました。

リフレッシュした元気な体で、みなさまに癒しのお返しをして参りますので、どうぞご来店をお待ちしています。

旅のエピソードのいくつかも、本ブログでゆるゆるとアップしようかと思っています。

2014年11月29日まで、当店の隣室で内装工事が行なわれています。このため、平日の昼間の時間帯のご利用にあたって、施術中に騒音が聴こえたり、エレベータや階段のご利用時に若干のご不便があったりすることが、あるかもしれません。

何卒、ご理解・ご協力のほど、お願い申し上げます。

さて、2014年11月7日(金)~11日(火)は、七十二候の第55、

山茶始開(つばきはじめてひらく/さんちゃはじめてひらく)

山茶が開き始める、という意味合いです。

ところで「山茶」とは何でしょう?

いくつかの辞書を引いてみると、

「山茶」は「さんちゃ」あるいは「つばき」と読むとされていて、ツバキを指します。

一方、「山茶花」と、後ろに『花』が付くと、よく見かける文字で、「さざんか」となります。ちなみに「さざんか」も「つばき」も同じツバキ科の植物ですが、今頃の時期に咲き始めるのは「さざんか」とのこと。

「山茶始開」は日本で編纂された「略本暦」での呼び名。

そう言う訳で、七十二候の「山茶」は日本の気候にあっているのではないかと推測し、何を指すのかと調べてみましたが、本やデータによってさまざまで、「ツバキ」とも「サザンカ」とも推定されているようです。

ちなみに、もととなった中国の宣明暦では「水始氷(みずはじめてこおる)」と呼ばれ、「水が凍り始める」頃を指しています。

[今月(2014年11月)中下旬の営業のご案内]

店休日=21日(金)

※20日(木)は、午後5時閉店の短縮営業

上記を除き、通常どおり営業致します。

当店の予約状況については、下記ページをご参照ください。
http://www.r326.com/b/main.aspx?g=K7ic9ZH46bkk4HGW1
(予約状況は、ご予約変更等によって、変わることがあります)
(なるべく迅速な更新に心がけていますが、最新の状況が反映されていない場合がありますのて゜、あらかじめご了承ください)

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話 03-6320-8290

« 立冬 | トップページ | 子どもたちを追うノンフィクション2冊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/57955069

この記事へのトラックバック一覧です: 山茶始開/隣室工事による騒音へのご理解のお願い:

« 立冬 | トップページ | 子どもたちを追うノンフィクション2冊 »