« 「師走」(旧暦) | トップページ | 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作一気見 »

2016年1月 8日 (金)

鏡開き

お正月のお飾り餅、鏡餅を下げました。

鏡餅を下げる日は、地方によって、また家によって、それぞれ違うようですが、私は、松の内が明けたところで下げるようにしています。

ところで、このおもちを食べる「鏡開き」ですが、1月11日に行なうのが一般的のようです。地方によっては、15日、20日、あるいは4日など、これも様々ですね。

さて、お正月には歳神様がいらっしゃって、全ての人や物に新しい生命を与えてくださるのだそうです、つまり一年に一度、新たに生まれ変わるということですね。

その歳神様の霊力はお供えした鏡餅に宿っているとされ、鏡餅を食べることで新しい生命をいただくことができると言われます。

お供えした餅には神様の霊が宿っているので、刃物を使わず木づちなどで叩いて割り(鏡を開く)、お雑煮やお汁粉などで食べる習わしが、ほぼ全国で行なわれています。

今年の1月11日は連休最終日の月曜日(成人の日)。

さて、どう料理していただきましょう。

・・・・・・・・・・・・

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話 03-6320-8290

[1月の店休日等のご案内]
1月12日(火) 店休日
1月21日(木)・22日(金) 店休日
※上記以外は通常営業致します。

※予約状況については、下記ページをご参照ください。
http://www.r326.com/b/main.aspx?g=K7ic9ZH46bkk4HGW1

(予約状況は、ご予約変更等によって、変わることがあります)
(なるべく迅速な更新に心がけていますが、最新の状況が反映されていない場合がありますので、あらかじめご了承ください)

☆リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

電話 03-6320-8290

« 「師走」(旧暦) | トップページ | 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作一気見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/63371856

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡開き:

« 「師走」(旧暦) | トップページ | 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作一気見 »