« 2016年10月下旬の店休日等のご案内 | トップページ | 受付締切り時刻 変更のご案内 »

2016年10月22日 (土)

「シブいビル」(本)

「シブいビル」という写真&エッセイ集を読みました。
副題は「高度成長期生まれ・東京のビルガイド」。
鈴木信子著、白川青史写真。株式会社リトルモア 2016/9/4発行 1,700円+税。
副題にある通り、高度成長期(1960~70年代)に建てられた東京のビルを紹介するガイド本です。
私が気になってたところを、ビシッとついてくれた本で、ガイド本というよりも、愛すべき写真集という感じで一気に読みました。
第二次世界大戦以前に建てられた建築物は、歴史的価値を見出されて、保存運動も進んでいますし、観光地としても脚光を浴びています。
1980年代以降の建築物は、商業・文化施設など、多くの人を、毎日飲みこんでいます。
最近になって、戦時下や戦後復興期の1940~50年代に建てられた建築物も、遺産として注目を集め始めました。
ところが、その狭間(ポケット)に入ってしまった高度成長期は、あまりに急ぎ過ぎた時代で、大量生産された時代だったためか、特に注目を浴びることもなく、そろそろ建て替えの時期を迎えて、徐々に取り壊され始めています。
でも、あの時代の建物には、希望があったし、誇りがあった。
そんな気がしていたんです。
そこに、この本の発売です。
私は正直、小躍りして喜びました(笑)。
この本には、当時建てられた選りすぐりの名建築が、深い愛情を込めた文章とともに、オールカラー128ページに約200点の図版を載せて、惜しみなく紹介されています。
拍手喝采!!
紹介されているビル等は以下のとおり。
東京交通会館/有楽町ビル・新有楽町ビル/新橋駅前ビル/ニュー新橋ビル/日本橋髙島屋 増築部分/中野ブロードウェイ/ ソニービル/紀伊國屋ビル/ホテルニューオータニ/ロサ会館/サンスクエア/ホテルオークラ東京 別館/パレスサイドビル/三会堂ビル/目黒区総合庁舎/柳屋ビルディング/コマツビル/新東京ビル・国際ビル/新宿駅西口/コラム

写真を見たり、本文を読んだりしていたら、自分自身の人生を振り返る自分に気づきました。だってそこには、確かに自分自身の歴史があるのです。
 
2020年の東京オリンピックに向けて、再開発やビルの建て替え等が目まぐるしく進む東京ですが、なんとか、こうした名建築を、「高度成長」と言う青年期の日本の証しを、何らかの形で残してほしいと、そんなことを改めて感じました。
・・・・・・・・・・・・
※以下は当店からのご案内です。上記の記事との関連はございません。
[2016年10月の店休日等のご案内]
 ☆店休日=10月31日(月)
 ※上記以外は、通常営業致します。

なお、日によっては、既にご予約済みの時間帯もございます。予約状況は下記ページをご参照ください。
 http://www.r326.com/b/main.aspx?g=K7ic9ZH46bkk4HGW1
 (予約状況は、ご予約変更等によって、変わることがあります)   
 (なるべく迅速な更新に心がけていますが、最新の状況が反映されていない場合がありますので、あらかじめご了承ください)

リラクゼーションは「癒し人」☆

http://www.p-kit.com/hp/iyashibito/

« 2016年10月下旬の店休日等のご案内 | トップページ | 受付締切り時刻 変更のご案内 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1225642/68049176

この記事へのトラックバック一覧です: 「シブいビル」(本):

« 2016年10月下旬の店休日等のご案内 | トップページ | 受付締切り時刻 変更のご案内 »